銀行カードローンは金利がお得

銀行カードローンは金利がお得

私が利用したカードローンは金利が一般的な消費者金融のサービスよりも低く設定されていました。多くの銀行が消費者金融よりも低い金額になっているようですが、湯治借入するときはまだ知らなかったので、最寄り駅の近くに合った大手の銀行のサービスを利用することにしました。

 

金利が引くだけでなく、審査も何度もあるわけではなく、かなり自由に利用できるサービスで安心しました。キャッシングなどは毎年のように審査があるようでしたが、私の利用していたカードローンはクレジットカードのように数年に1回の審査で済みました。そのため、多少公共料金の遅れがあったとしても6か月しっかり管理していれば信用情報も戻せると思っていたので、その分余裕をもって利用できました。

 

サービスそのものでは借り入れできる金額は少なめでしたが、返済しやすく毎月の負担は感じませんでした。金利もだいたい14%で設定されており、個人的には十分満足できるサービスでした。一番便利だったのは、約定返済日以外に返済してもよいというシステムで、お金に余裕があったり、臨時収入や会社のボーナスでまとめて返済ができたことでした。

 

他のキャッシングなどではこれができないで金利が必ず発生するようなものもあるようですが、銀行においては資金も十分あるので、こうした金利が減ってしまう可能性のあるサービスも提供できるのだと思います。やはり借金でカードローンを利用するならば銀行系のサービスが一番でしょう。もちろん、消費者金融のサービスでも大手の会社のものならば同じように自由返済が含まれているものもあるようなので、しっかり探してみるとよいかもしれません。

 

銀行系のカードローンは利用できる状態になるまでが少し難しいですが、上手に活用できれば海外旅行も国内旅行も、ちょっとした買い物でも便利に利用できるためかなり便利です。

 

しかし、審査には収入も影響するので一般的なアルバイトでは審査に通過できない場合があります。また、個人事業主でも審査が難しく、毎月安定した収入があることを証明できないと十分にカードローンのメリットを感じられません。利用限度額50万円程度のカードローンはキャッシングとあまり変わりないので、返済にかかる金利負担やトータルコストでメリットが出てくることはあまりありません。銀行のカードローンを頼るならば利用限度額100万円くらいのサービスを頼れた方がメリットも大きくなります。

 

カードローンは、銀行系サービスは特に利用限度額もその最大値が非常に大きいです。500万円まで借り入れできるものも多いので、自動車の購入やバイクの購入で頼りにすることもできます。

 

銀行で口座を利用しているならば優遇金利としてカードローンの金利が数%低くしてもらえることもあるので、もし銀行系のカードローンを利用するならば、少しでも金利を減らせるような普段頼っている銀行のサービスを選んだ方が良い場合もあります。

 

審査にしっかり通過できれば利用限度額の高めのカードローンも利用できるので、余裕のある借り入れができるのも事実です。収入も大切になりますが、年収300万円もあれば十分なので、収入をアップしていけるように工夫することも大切です。

 

便利に利用できるカードローンも借金しすぎれば返済がかなり苦痛になります。50万円の借入では返済額は約1万円、100万円借り入れた場合には毎月2万円から3万円支払うことになるので、金額的な負担はかなり大きいです。

 

返済期間も36か月から選べる場合が多いですが、できる限り早めに返済しきれるよう計画を立てましょう。高い金利で返済期間が長ければ過払い金も発生も多くなるので、債務整理をして過払い金請求をするために余計な出費ができてしまいます。トータルコストで行くと赤字になってしまうので、返還されるような金額すら出ないように安全に利用してください。

参考サイト

  • 事業資金 融資

    中小企業や個人事業主が事業資金を融資してもらうための方法を事例をもとに紹介しています。